スポンサーリンク

【海外で流行】下腹部に効くトレーニング10選!【最強】

トレーニング

みなさんこんにちは。

モテボディ王様です。

今回は、【最強】下腹部に効くトレーニング10選というテーマでお話ししていきたいと思います。

今この記事を読んでいるということは、あなたはトレーニングをしても効果が出ていると感じる部位がおそらく1つあります。それは腹筋。

より具体的には、あなたの下腹筋。

どんなにトレーニングをしても、同じままでいるようです。

そうですね、それには理由があります。

「体重を減らして筋肉をつけるには、全身をトレーニングする必要があります」と、ニューヨークを拠点とする認定トレーナーであるアマンダ・バトラーが言っています。

「あなたはカロリーを消費する必要があります。そしてそれをバランスの取れた食事と組み合わせてください。」

最高の腹筋は食事で作られていると聞いたことがあるでしょうか。

しかし、それはそれらのクランチと板をスキップするためのパスではありません。

「それがバランスの中心であるため、体幹部をトレーニングすることが重要です」とバトラーは言います。

「さらに、強力な体幹部を作ることは腰痛を軽減するのに役立ちます。」

それらの下腹部の筋肉を打つ方法が正確にわからないの?あなたは一人じゃない。

「下腹筋は、私たちの体が余分な脂肪のほとんどを蓄える場所であるため、強化するのが非常に困難です」とバトラーは言っています。

「そして女性にとって、ホルモンのエストロゲンは自然にこの領域の脂肪を保持したいと思っています。」

しかし、心配しないでください。それを取り除くためにできるトレーニングはたくさんあります。

下腹部の脂肪を排除するために、バトラーは最も効果的な下腹筋運動を共有しました。

これらの3つの動きには、タオルまたはスライダーが必要です。

このトレーニングの翌日に笑うのが痛い場合でも、私を責めないでください。笑

下腹筋運動


各エクササイズを30秒間実行し、移動の間に10秒間休憩します。回路全体を1〜3回完了します。

1.ヒールタップ


仰向けになり、手をお尻の下に置き、膝を曲げ、ふくらはぎを床と平行にします。かかとがかろうじて地面に触れるまで、屈曲した足をゆっくりと前方に下げます。腹筋を絞って、足を元の位置に戻します。

2.登山家


体をまっすぐにし、腰を水平にして、高い板の位置から始めます。右足を持ち上げ、両手の間で右膝を胸に引きます。右足を板に戻すときは、左足を持ち上げ、左膝を両手の間で胸に引きます。

できるだけ早く交代を続けます。コアをしっかりと保ち、腰をハイキングしないようにしてください。

3.はさみ


仰向けになり、両手を頭の後ろに置き、頭と肩を床から持ち上げます。腹筋を使って、足を地面から少し持ち上げ、シザーキックを行い、片足を上に、もう片足を下に交互に動かします。首に負担をかけたり、あごを前に突き出したりしないように注意してください。

4.スライダーパイク


この動きを引き出すには、スライダーまたはタオルが必要です。

両足をスライダーに乗せて、高い板の位置から始めます。低い腹筋を握り、足を手に向けて引っ張り、腰を天井に向かって持ち上げてパイクの位置にします。ゆっくりと足を押し出し、開始位置まで下げます。

簡単にする:一度に片足ずつ前方に移動しながら、スライディング登山を行います。

5.ストレートレッグレイズ


仰向けになり、手を腰の下に置きます。コアを支え、まっすぐな脚をゆっくりと地面から持ち上げて、90度にします。それらをゆっくりと地面に戻します。腰に痛みがある場合は、この動きをしないでください。

プルアップバーのバリエーション


腰痛を起こしやすい場合、またはプルアップバーを利用できる場合は、代わりにこのバリエーションを試してください。

プルアップバーを持って、コアを支え、足を地面からヒップの高さまで持ち上げます。初心者は膝を曲げることができます。または、足をまっすぐに保ち(腰だけにヒンジを付ける)、より多くの課題に取り組むことができます。ゆっくりと足を開始位置まで下げます。

6.クロスボディクライマー


体をまっすぐにし、腰を水平にし、コアを支えて、高い板の位置から始めます。右足を持ち上げ、右ひざを左ひじに向かって引きます。右足を板に戻すときは、左足を持ち上げ、左膝を右肘に向かって引きます。交互に続けます。

7.スライダーニータック


この移動にはスライダーまたはタオルが必要です。

両足をスライダーに乗せて、高い板の位置から始めます。コアを支え、両足を胸に向かって引き込みます。肩を丸めたり、上半身を前傾させすぎたりしないでください。足を後ろに押して、開始位置に戻します。

エクササイズボールのバリエーション
エクササイズボールが手元にある場合は、代わりにこのバリエーションを試してください。足をボールに乗せた状態で板の位置から始めます。コアを固定したまま、両膝を胸の方に引き込みます。ゆっくりと足を伸ばして開始位置に戻します。

8.ローリングプランク


前腕の低い板の位置から始めます。 10秒間保持します。右ひじに転がり、足を積み重ね、サイドプランクを10秒間保持し、斜筋をかみ合わせます。

中央から左ひじにロールバックし、足を積み重ねて、10秒間保持します。交互に進み、コアを固定し、腰を落とさないようにします。

9.ロールアップ


仰向けになり、脚を伸ばし、膝を合わせ、足を曲げ、腕を頭上に置きます。大きく吸い込んでください。息を吐きながら、腕を前に持ち上げ、腹筋を使ってゆっくりと座った位置に巻き上げます。腹筋をもう一度握り、ゆっくりと開始位置まで下げます。

10.ジャックナイフ


仰向けになり、足を伸ばし、足を合わせ、腕を頭上に伸ばします。吸い込む。息を吐きながら腹筋を絞って右を上げます

最後に

いかがでしたでしょうか。

これらのトレーニングは海外でも紹介されており、かなり効果的なトレーニングなのではないかと思っています。

このトレーニングをして、下腹部を引き締めて、共にモテボディを作っていきませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました